広島のあこがれウェディングナビ

tssブライダル情報センター結婚準備ブログ
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

色打掛について③

こんにちは


早速、、、先日お話しさせて頂いた私の旅行記ですが、ここで突然ながらとっておきのお土産をご紹介します

IMG_7992.jpg
右→日本一硬いおせんべい「伊賀名物 元祖かたやき」 左→愛知県知多半島の特産銘菓「生せんべい」

おせんべえ
はその名の通り本当に歯が折れそうな位硬く、付属の木槌を使って割りながら食べる珍しい煎餅です
なんと伊賀忍者の非常食とも言われているそうで、忍者に憧れる私としては見過ごせない代物です

そして生せんべいはあの徳川家康も絶賛した半生菓子で、せんべえを作っていた百姓の娘が徳川家康に叶わぬ恋心を抱いたというなかなかに切ない恋の物語があるのです

どちらも優しい味でとても美味しかったです私の歯も無事です
東海地方に行かれた際は是非お試し下さい


さて、2回にわたり色打掛についてご紹介させて頂きましたが、今回は実際にどんな感じの色打掛があるのか見てみましょう

IMG_7999.jpg
左→なんと、華道家の假屋崎省吾さんプロデュースの色打掛です假屋崎先生の名前が付いた新品種のバラ「ショウゴエレガン」やチューリップなどがあしらわれたエレガントな1着さすが華道家ですね

右→本手描友禅で彩られた華やかで可愛らしい1着襟元にも花びらが描かれておりオシャレなアクセントになっています

IMG_8003.jpg
左→京都でも屈指の染めの老舗とコラボして作成した手描き友禅の色打掛です月下美人がダイナミックに描かれた個性的な1着

右→さまざまな吉祥文様を混ぜ合わせたゴージャスな1着伝統的な技法を使い、全て手作業で織り上げられた品格漂う唐織の色打掛です

色打掛は色で選ぶだけではなく、技法デザインによってがらっとイメージが変わりますねそして髪型にも個性を出せます
今回はヘッドアクセにアーティシャルフラワーを使った洋髪をご紹介しました
かんざしや生花ではなかなかボリュームが出せないので、「個性を出したい」「みんなをビックリさせたい」とお考えの新婦様にゼヒおすすめしたいアイテムです


tssブライダル情報センターでは色打掛などのお衣裳はモチロン、ア-ティシャルフラワーを使ったヘッドアクセやウェディングアイテムもご紹介しております
既に式場を決められている新郎新婦様ご両親様も大歓迎です
今回掲載した色打掛ヘッドアクセ等のお問い合わせもゼヒ

皆様のご来店、お問い合わせを心よりお待ちしております


次回からは祇園店の更新です
スポンサーサイト
【 2015/09/27 】 豆知識 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。