広島のあこがれウェディングナビ

tssブライダル情報センター結婚準備ブログ
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

衣裳小物 ♪ 新婦様 和装編

朝晩の冷え込みが厳しくなってきましたね
風邪などひかれていませんか?
天候がころころ変わるので、着るものに困っています

またまた台風も接近していますし・・・
今月に入り、台風情報を見ない日がないくらい
敏感になっています
今後の台風情報注意しましょうね



さてさて、紅葉が見ごろな秋にオススメなのは・・・
お2人が和装姿で、紅葉をバックに
ステキな写真が残せること 間違いなしです


白無垢・色打掛・紋付き袴と
いつもと違ったお互いの姿にうっとりされることでしょう


今回は、こんな時期にぴったりな、衣裳小物和装編

和装といっても白無垢・色打掛・引き振袖などなど ・・・
色や形、柄などさまざまです

そんな和装小物についてご紹介します


綿帽子
  白無垢姿の頭に被る
  ベールと同様で、挙式が終わるまでは、新郎様以外に顔を見せない
  ようにする役割がある

角隠し
  文金高島田という髪型に、太めの布を巻きつける
  怒り・鬼の象徴である角を隠して夫に仕えるという意味がある
  白無垢・色打ち掛け・引き振袖に合わせることができる

丸帯
  最も格式の高い帯
  通常の帯の2倍の横幅があり、重く扱いにくいことから、片面だけに
  柄が付けられ、横幅も狭くし、少し軽量化された

帯締め
  大きく分けて、丸ぐけと組み紐の2種類ある
  丸ぐけが古くからあり、円満な家庭という意味がある
  今は、組み紐が使われることが多い

帯揚げ
  帯の上辺を飾る布
  帯の結び目が落ちないようにする役割がある
  子宝に恵まれるように、たらこをイメージしているといういわれがある

扇子
  末が広がっていることから、別名『末広がり』とも呼ばれ、幸せが末長く
  続くようにという願いが込められている
  金や銀の扇子が主流
  写真撮影の際に手に持つことはあるが、仰ぐことに使ってはいけない

懐剣
  江戸時代には、護身用に短剣を身に付けており、女性であっても、
  『いざとなったら自分の身は自分で守る』という意味が込められている
  母親から婚礼道具として贈られていた

かんざしこうがい
  結った髪に挿す飾りのこと
  べっこうや象牙、珊瑚など、種類が多くある

はこせこ
  江戸時代に使われていたい化粧ポーチのようなもので、新郎様の
  前では一生キレイでいるという意味がある



昔からの慣わしに基づく由来で、今でも残されているものが多いですね

和装姿が見たいと言われるご両親やおじい様おばあ様が多いので、
結婚式当日に和装を着られなくても、前撮りで残されると喜ばれますよ!!


次回は、お待たせしました!!新郎様編です
当店の最後の更新になりますので、次回も見ていただけると 嬉しいです







関連記事
スポンサーサイト
【 2013/10/23 】 豆知識 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。