広島のあこがれウェディングナビ

tssブライダル情報センター結婚準備ブログ
0812345678910111213141516171819202122232425262728293010

受付マナー②受付係編

みなさま、おはようございます
秋も深まり、絶好の紅葉シーズンを迎えましたが、
紅葉狩りには行かれましたか
日本ならではの四季を感じられるこの時期
もちろん休みの日はお出掛けと、思うのは思うのですが、
ついついこたつでみかんを食べてしまいます

さて、余談は置いといて本題です
前回から続いております「受付のマナー」
今回は受付を任された方へのワンポイントアドバイス



・受付係の心得
受付は、挙式や披露宴に招待されたゲストが会場に到着していちばん始めに立ち寄るところ
新郎新婦から受付を頼まれたあなたは「両家の顔」とも言われ
新郎新婦に代わりゲストいちばん始めにお迎えする、大切な役目となります
ここでいちばん重要なのは笑顔を忘れない事です
また髪型服装にも気を配り晴れの日にふさわしく、
誰からも好感が持たれる爽やかで明るい印象を心がけましょう

そして、両家の代表であるという責任感を持ち、ゲストに失礼のないよう心がけましょう
前回と重複する箇所もありますが、とっても大切な事なので、最初に書かせて頂きました



・当日までに確認しておく事
①受付係の集合時間、また開始時間は?
受付係は他のゲストよりも少し早目に式場へ行く必要があります
事前に新郎新婦へ確認し、遅れないよう集合しましょう

②お預かりしたご祝儀は誰に渡す?
これはとても重要な事です
いつ誰に渡せば良いかきちんと確認しておきましょう
また、大事なご祝儀を扱う事になるので、当日はしっかり責任を持って臨みましょう



・受付の主な仕事内容
・ゲストへのご挨拶
・ご祝儀を預かり記帳をお願いする
席次表など配布物のお渡し
※御車代もお渡しするようなら、このタイミングで一緒にお渡ししましょう!
・開宴までの待合のご案内

*補足*
ゲストが来られたら必ず立って一礼をしましょう
ゲストから祝福の言葉を受けたら、笑顔で挨拶をします
 
 例)ゲスト 「 本日はおめでとうございます。新郎・新婦の友人の○○と申します」
   受付係 「本日はお忙しい中、ご出席いただきありがとうございます。」

  ※ゲストが確実にご親族ご家族とわかる場合には、
「本日は誠におめでとうございます」と、こちらからご挨拶をしましょう


以上、いかがでしたか
知ってるようで知らない、受付のマナー
みなさんも、受付をお願いする 又は、お願いされる機会があると思います
そんな時は是非、このブログを思い出してください

それでは次回は、受付グッズについてお送りします

みなさまお楽しみに
関連記事
スポンサーサイト
【 2013/11/20 】 豆知識 | TB(-) | CM(-)