広島のあこがれウェディングナビ

tssブライダル情報センター結婚準備ブログ
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

引出物について①

こんにちは

今回から、引出物についてお伝えします

そもそも引出物の言葉の由来は、 昔は馬が贈り物とされており、
馬を庭に引き出すということから、引出物となりました !!
次第に、馬から金品を贈る様になり今の形になったということです

引出物は、頂いたお祝いのお返しとなる、とても重要な贈り物

知らないと、不快な思いを させてしてしまうこともっっ
そんなことにならないために、事前にポイントを把握しておきましょう !!


1回目の今回は、引出物選びのポイントです


両親に相談
  地域ごとに、風習やしきたりがあります
  品物が決まっていたり、予算が決まっている場合があるので、
  まずは相談してみてください

品数
  メインとなるカタログや商品に引き菓子を加え、2品が主流ですが、
  2は割り切れる数なので、3品にされたり、地域によっては、赤飯や
  かつお節などを加え、5品にされることもあります

予算
  親族や上司5,000円、友人や同僚4,000円が相場ですが、
  親族は、8,000円~10,000円にされることもあります
  遠方ゲストや、年配ゲストへは、重さも重要ですね
  目安としては、披露宴で出される一人当たりの料飲費の1/3程度です

検討時期
  挙式の3ヶ月前までには、取り掛かってください
  3ヶ月前から、結婚式の打合せがスタートするので、バタバタします
  それまでに品物を決めておき、招待状の返信とともに人数が確定
  するので、すぐに発注出来る様に準備をしておきましょう

持込料
  指定店以外から持込むと、持込料がかかる事があります
  個人的に手配したい場合は、あらかじめ式場へ確認しておきましょう



このように、引出物選びは簡単そうに思われて、意外と事前の確認事項
などもあるので、早めに取り掛かりましょう


次回は、ご当地の引出物についてのをお伝えします


関連記事
スポンサーサイト
【 2014/01/12 】 豆知識 | TB(-) | CM(-)