広島のあこがれウェディングナビ

tssブライダル情報センター結婚準備ブログ
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本とはこんなに違う?!ヨーロッパウェディング

こんにちは
暑い日々が続いておりますが、今はちょうどお盆という事で、
実家に帰省されていらっしゃる方も多いかと思います
ちなみに私も先日のお休みは実家でゆっくり過ごしておりました


さて、今回でパセーラから更新するブログは最終回
そんな最終回の世界のウェディングについての更新
どんなことを書こうかな~・・・ということで色々調べてみると、
世界各国で結婚式に対する文化やジンクスが異なることが判明


その中でも、ヨーロッパウェディングが最も興味深いジンクスを
もっていたので、皆様にもぜひお伝えしたいと思います


ヨーロッパといえば、歴史的建造物がたくさんあり、
ハネムーンでも大人気の地域ですよね

歴史的なお城もたくさんあるヨーロッパ
『ホンモノのお城』で挙式ができるのも、
ヨーロッパならではかも


そんな中、フランスでは
『花婿は、結婚式まで花嫁のドレス姿を見てはいけない』
といわれているそうです

日本ではドレスの試着もカップルで行かれる方が多いので、
私たちにはあまりなじみのない文化かもしれません
しかし、挙式当日の花嫁さんの綺麗な姿を見た花婿さん・・・
その感動はきっとすごく大きいものでしょうね
ある意味サプライズ性もあってすごく素敵な文化かと思います


さて、ここで皆様・・・日本での入籍をイメージしてください
『役所に行って婚姻届を提出』することをイメージされたかと思います
入籍する瞬間は、案外サッパリしていて少しシンプルな感じがしたという
カップルの声をよく伺います

そんな中・・・イギリスは婚姻届の提出が少しゴージャスな様です
入籍の手続き自体はイギリスも日本と大差はないのですが、
イギリスの役所にはなんと・・・
『婚姻登録専用の部屋』があるそうです
内装も豪華で、高級ホテルのような雰囲気なんだとか・・・
その部屋でブーケのプレゼントも行うそうですよ


なんだか特別感満載で、入籍の瞬間もより印象に残る
感動的なものになりそうですよね


今回、色々な世界の結婚式について調べてみる中で、
『どこの国も結婚式は特別なもの』という認識は
共通しているのだなと思いました


そんな特別な瞬間のたくさんのお手伝いを
tssブライダルもさせて頂きたいと思っておりますので、
結婚が決まられて今からどうしたら良いか分からないという皆様
ぜひお気軽にご来店くださいね
首をなが~くして、お待ちしております
さて、次回からはアルパークバスターミナル店が
更新していきます
お楽しみに~

関連記事
スポンサーサイト
【 2015/08/16 】 豆知識 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。