広島のあこがれウェディングナビ

tssブライダル情報センター結婚準備ブログ
041234567891011121314151617181920212223242526272829303106

色打掛について①

こんにちは

暑さも陰り過ごしやすくなってきましたね
といえば、旅行
私先日伊勢名古屋にひとり旅して参りました
実の所、釜山に行く予定だったのですが、台風の影響で急遽前日キャンセルになってしまったのです
大人しく過ごすはずもなく、その日の夜行バスに乗り急遽名古屋へ台風ではありましたが、晴れ女が幸いしカンカン照りでした
三重県伊勢では、伊勢神宮・猿田彦神社、愛知県名古屋では犬山城・名古屋城・熱田神宮に行ってきました

IMG_7995_2015091614210561a.jpg

個人的には熱田神宮・犬山城がとても良かったです
特に熱田神宮は、アノ織田信長も桶狭間の戦いの前に必勝祈願に訪れたとされているパワー溢れる神社なのです

やっぱり神社やお城はステキです
そして日本の建築には和装がとても似合います名古屋城でも前撮り中の新郎新婦をお見かけしました
ちなみに今回私が参拝した猿田彦神社熱田神宮では神前挙式も出来るんですよ


といわけで今回からは和装について、しかも色打掛に絞りご紹介していきます

色打掛とは・・・白以外の打掛を総称して色打掛といい、白無垢と並んで花嫁衣裳を代表するものです
時は遡って室町時代、武家の女性が小袖を着て帯を締めた上に、羽織のように打ち掛けて着ていたことから打掛と呼ばれ、夏以外の礼服として用いられました
地紋の入った色地に、金糸・銀糸による刺繍、織りや染め、箔などの技法で「鶴亀鳳凰松竹梅御所車」といった絵柄があしらわれているデザインが多いです
これらのデザインは吉祥文様と呼ばれ、「幸せになってほしい」という願いが込められているんですkoten_monyou.jpg
(画像はお借りしました)

色合いは、未婚女性の衣裳だけに用いられるが代表的で、人気も高いです
その他にも、グリーンピンク水色など、さまざまな色が揃っているので会場に合わせて選べるのも魅力のひとつです
最近では、オーガンジー素材個性的な色柄など、オシャレな打掛も豊富にあるので、洋髪を合わせる花嫁様も増えています

チャペル式だしウェディングドレスとカラードレスでいいかな~」とお考えの新婦様、せっかく日本人にうまれたのですからゼヒ和装も着てみられませんか
神前式以外でも、お城和庭園などで和装を着て前撮りも出来ますよ


次回からは和装の魅力を掘り下げ、色打掛の技法について細かくご紹介しますね
関連記事
スポンサーサイト
【 2015/09/20 】 豆知識 | TB(-) | CM(-)