広島のあこがれウェディングナビ

tssブライダル情報センター結婚準備ブログ
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

親族紹介のあれこれ

今回はについてです

なかなかスポットのあたりにくい親族紹介ですが、
挙式当日に初めて両家のご親族が顔を合わせる事が多いので
大切な大切な時間なんです


一般的に親族紹介は
挙式の前か、挙式後披露宴が始まるまでの間に行われ、

代表者が進めていく場合と
各々が自己紹介をしていく形があります


それでは、簡単にその流れをチェックしましょう
新郎名字を△△新婦名字◆◆とします)

まず新郎のお父様(不在の場合はお母様)の挨拶



新郎お父様 ◆◆家の皆さま、△△家親族をご紹介致します」



お母様 → ご兄弟姉妹・その配偶者
      → (年長者から)父方親族 → 母方親族
と新郎と関係性の近いの順に

例 : 新郎お父様 「新郎の叔父の□□でございます」
    新郎叔父 「叔父の□□でございます。宜しくお願い致します」



同様に新婦家
新婦お父様 「△△家の皆さま、◆◆家親族をご紹介致します」



挨拶
「今後とも宜しくお願い致します」



そして集合写真の撮影


 ポイント  
お一人お一人のご挨拶は、時間と人数に応じて
挨拶一言程度にするか
時間に余裕があるようであれば、新郎新婦とのエピソードを添える
より貴重な時間になる事間違いなしです


いかがでしたか
式場によって多少の違いはあるかもしれないので
しっかりプランナーさんにご確認下さいね


次回からはパセーラ店からの更新
乞うご期待


関連記事
スポンサーサイト
【 2016/07/03 】 豆知識 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。