広島のあこがれウェディングナビ

tssブライダル情報センター結婚準備ブログ
1012345678910111213141516171819202122232425262728293012

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- 】 スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

和装ヘメイクのいろいろ✨

みなさんこんにちは

今年は出雲大社に初詣にいきました
IMG_7313.jpg
初詣がメインではなく、急に温泉に入りたいという衝動にかられ、
島根にいくことになり、それなら出雲大社で初詣をという流れで
決まりました
とは言っても、出雲をとても満喫し癒しの旅になりました

そして、おみくじはなんと大吉
2017年に期待できそうです!!!!!




さて、本題に入ります
今回のテーマは、和装ヘアメイクについてお話ししたいと思います

まずは髪型についてです

綿帽子

元々は外出時の防寒用だったのが、徐々に婚礼用として
使用されるように
控えめな奥ゆかしさを感じさせ、小顔効果も期待できます


文金高島田

和装の代表的な髪型です
べっ甲の髪飾りが格式が高いと言われています


角隠し

文金高島田の上に巻く布のことを言います
怒りの象徴である角を隠し、おしとやかな妻になると意味があります
綿帽子を角隠しは挙式で使用でき、披露宴の際は外します


次はメイクです
メイクは、和装の柄や色味、新婦様おひとりおひとりの雰囲気で
さまざまです
普段よりきりっとはっきりメイクが多いようです!!

番外編として、紅差しの儀という花嫁さんの最終仕上げとして、
お母様が口紅を塗るというものです
幼いころから着替えをさせたり、メイクを教えたり、
一人前の女性に育てられた最後の仕上げとして行われます



では、次回は和婚アイテムについてお話しします






関連記事
スポンサーサイト
【 2017/01/11 】 豆知識 | TB(-) | CM(-)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。